忍者ブログ

つれづれなるままにビックリマン

SBMや2000を中心に、思いついたことをぽつぽつと。セントフォースの導くままに(笑)。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ツイッターに流れてきた情報

ツイッターにこんなのが流れてきたので、ここでも紹介しときます。

ツイッターしてる人多いだろうから多分知ってる人多いかもだろうけど…。

【イラストレーター・中村佑介氏による『ビックリマンに見るイラストレーションの力と可能性』の話。 】http://togetter.com/li/619785

個人的にびっくりしたのは、GHの米澤さんが元々BM的な2等身デフォルメキャラを描くお方ではなかったということでした。

なんだか、今でもGHの絵が愛されているのが分かる気がするな~。

拍手[0回]

PR

1人SBM鑑賞会②

今日は時間があったので第20話「ティキの秘密」~24話「恐怖のリトルミノス」と11話「悪の聖魔子登場」~13話「危険なギャンブル」を見てました。

全体的な感想は前にレビュー書いた時とあまり変わんない(笑)。21話は神作画だよなーとか、回想のアクアンヌーン綺麗だなーとか。

あと窪内さんって漫画版の脚本も手掛けていたせいか、窪内さんが担当している回(今回だとボアボアの回)のティキって性格が他の回のティキと比べるとおち先生のティキに近くてすごくかっこいいなぁとか。

しっかし石版とアノドに関する伝承がアクアンヌーンに伝わっているのが一番正確ってのはね…。

結局リトルミノスに邪魔されちゃったけど、やっぱティキはあそこで石版を持って帰るべきだったよ!!…それが世界崩壊逃れるための唯一の正解という気が今でもする。

というかティキは悪くない。むしろ「僕たちは仲間」だとか「友達だろう?」って言うならティキの言い分もちゃんと聞いてあげて!!

君らが天地球や天聖界のこと大事なように、ティキだって帝国のことが大事なんだよ!王子様な分尚更!!!

…って画面の向こうにいるフェニとアスカ(特にフェニ)に言ってやりたかった(笑)。

拍手[3回]

拍手お返事


9月14日と15日に拍手コメントいただいたのでお返事です。

右下の「続きを読む」からどうぞ。



拍手[0回]

続きを読む

あのあと彼らはどうなったのか

家にあるSBMの同人誌漁ってたら、なんとそのまま2000につながりそうなお話があってびっくりしてしまいました。

最終回の本放送後のコミケで入手したアニメ版SBM最終回補完本なのですが。

知ってる人いるかもしれないけど、最終回でフェニとティキ、アスカ、アムルが光を産んだ後できた世界に4人が降り立ったんだけど、そこには「人間」になった旧世界の人々がいて、理力・魔力を持っているのはフェニ達4人のみ。世界を創造した「超聖神」となり、未だアノドが存在していた世界の住人のままのフェニ達は、限りある命となった旧世界の人々と同じ時を生きることはできず、その場を後にした―というお話。

私こんな本持ってたんだなー。すっかり忘れてたけど。

この話読んでたから、2000で彼ら4人が超聖神として出てきたとき、すんなり受け入れられたのかもしれない。

っていうか、SBM最終回、新たな世界に4人の姿がなかったので、あの4人はどうなったのかって結構物議かもしてたよね?

上に書いたもののほかにも、4人は世界を創造するのに力尽きて死んだ説、あの星は彼ら4人そのもので、姿かたちは見えないけれど、世界を創造する「元素」として存在している説、世界を創造した後、フェニ達を含むすべての人の記憶もリセットされ、彼らは確かに新たな世界に生きてるんだけど、再び出会うべく新たな旅を始める説etc…。

私が2000の集中豪無編でフェニ達4人が出てきて嬉しかったのは、上に書いた説がどれもあり得そうな気がして…でもどこか悲しくて、本当に彼らがあの世界に存在しているのか、存在しているとしたら互いを共に戦った仲間として認識しているのかも含めてどういう形で存在しているのか、そして彼らがあくまで守りたかったのはアノド封印前の世界だったはずで、少なくともああいう形で新たな世界を創造することではなかったと思うんだけど、じゃあ不本意ながらも(というか、それしか選択肢がなくて)手に入れた世界を彼らは本当に愛せているのか、というのを一番知りたくて、その「答え」を公式として出してくれたのが集中豪無編だったからーなんだよね。

だって2000では、彼らの作った世界に彼らは確かに存在しているから。

互いを忘れもせず、共に戦い絶望を味わった仲間として認識しているから。

自分たちの作った世界を、アノド封印前の世界と同様、愛していたから。

だから「救われた」と思ったんだなぁ。。。

なんて、改めてしみじみと思ったのでした。

拍手[1回]

週末は1人SBM鑑賞会でした(笑)

お久しぶりです。

自分のブログのSBM感想読んでたら無性に見たくなったので、昨日は1人部屋にこもって1人SBM-DVD鑑賞会をしていました。

見てたのは「私を斬れ!」から最終回まで。

このあたりのバトルシーンの描き方は秀逸ですよね。見てて手に汗にぎりましたよ。

そして最終回ね…。もうあの最終回見ると2000見たくなって仕方なくなってくるっていう…。2000の…特に集中豪無編ね。

小説を全部一気に読む時間ないので、シール引っ張り出して4人のシール裏見て感慨にふけっていましたよ。

特にアツィルト・フェニックスの裏書ね。「神よ再びサイバーアップ!」ってね。初めて見たときは感動のあまり涙出てきたけど、何度見てもこのフレーズは鳥肌立つよ。

小説の方でも彼らが再びサイバーアップしたときはもう感無量でね……やばっ、思い出したら涙出てきた。

もう…もう何て言ったらいいのかよく分からないけど、なんていうかこう…彼ら生きてて良かったっていうね。

2000ありがとう!ありがとう2000スタッフ!!私の中で止まっていたSBMの時間を動かしてくれて!!

来年は2000開始から15周年らしいし、記念にアニメのDVDとか豪無編の小説単行本化とか、やってくれないかな~~~。

拍手[1回]

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
(はぎちょん改め)暁香月
性別:
女性
自己紹介:
一応旧シリーズからのビックラー。SBM(特に神樹層・笑)と2000が好き。ティキファン。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

メールフォーム

アクセス解析