忍者ブログ

つれづれなるままにビックリマン

SBMや2000を中心に、思いついたことをぽつぽつと。セントフォースの導くままに(笑)。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1人SBM鑑賞会②

今日は時間があったので第20話「ティキの秘密」~24話「恐怖のリトルミノス」と11話「悪の聖魔子登場」~13話「危険なギャンブル」を見てました。

全体的な感想は前にレビュー書いた時とあまり変わんない(笑)。21話は神作画だよなーとか、回想のアクアンヌーン綺麗だなーとか。

あと窪内さんって漫画版の脚本も手掛けていたせいか、窪内さんが担当している回(今回だとボアボアの回)のティキって性格が他の回のティキと比べるとおち先生のティキに近くてすごくかっこいいなぁとか。

しっかし石版とアノドに関する伝承がアクアンヌーンに伝わっているのが一番正確ってのはね…。

結局リトルミノスに邪魔されちゃったけど、やっぱティキはあそこで石版を持って帰るべきだったよ!!…それが世界崩壊逃れるための唯一の正解という気が今でもする。

というかティキは悪くない。むしろ「僕たちは仲間」だとか「友達だろう?」って言うならティキの言い分もちゃんと聞いてあげて!!

君らが天地球や天聖界のこと大事なように、ティキだって帝国のことが大事なんだよ!王子様な分尚更!!!

…って画面の向こうにいるフェニとアスカ(特にフェニ)に言ってやりたかった(笑)。

拍手[3回]

PR

SBM44話

ついに…ついに運命のそのときがやってきてしまいました。SBM最終話、2000第0話(笑)。

思わず気合が入ってしまいやたら長くなってしまったので、「続きを読む」からどうぞ。

=====
拍手、どうもありがとうございました。

拍手[0回]

続きを読む

SBM43話

最終回まであと1話。サブタイトルの明るい音楽や「世界を守るために戦う云々」という前回のあらすじ説明のナレーションがやたら虚しく聞こえてくる今日この頃です。

アノドの神殿へのワープを始めたメカタートル。あの…誰かなんか喋って。間が持たない(笑)。

いよいよアノドの世界が近くなってきて、辺りにはデビルフォースが満ち満ちてきました。アノドのデビルフォースに侵されそうになるアムルとデビル。デビルはアムルと自分自身の身体を傷つけ、アノドのコントロールから意識を逸らすことに成功します。でもデビルさん、ツンデレだから紛らわしいんだよな(笑)。

そんなこんなしているうちに、アノドの神殿が見えてきました。メカタートル曰く、この神殿も自分と同じ時代に造られたものなのだとか。「じゃあ、メカタートルはアノドを見たことがあるんだな?どんなヤツなんだ?」というアスカの問いに、メカタートルは答えようとしません。そういえば前回から、自分やアノドに関することを話しているときのメカタートルの声は、なんか悲しそう。

と突然、神殿からメカタートルに向かって、強力なデビルフォースの弾丸が撃ち込まれてきました。応戦・回避しながら強行突破を試みるメカタートル。しかし結局攻撃に耐えかね、アノドの神殿の前の広間に不時着、フェニックスたちを残し、姿を消します。

気がついたフェニックスたちの目の前にそびえ立っていたのは、アノドの神殿に続く大きな階段。その階段を駆け上り、神殿に向かおうとしたとそのとき、神殿から、更なるパワーアップを遂げたリトルミノスが下りてきました。リトルミノスにデビルフォースのエネルギー波を撃ち込むデビル。しかしデビルの力は、ミノスに吸収されてしまいます。

「ありがとう、スーパーデビル。私にデビルフォースを献上してくれて」というミノス。そして「真の闇の支配者になるのはこの私だ」と言い終わるか終わらないかのうちにミノスの顔が大きく変形。身体を突き破るようにしてグッチョグッチョのデロンデロンの黒いスライムみたいな、2000のモルグ・エデラみたいのが出てきました。グロッ!!日曜朝8時代に出していい絵面じゃねぇ(笑)。

ミノスは見も心もアノドに乗っ取られてしまったようです。悲鳴を上げるアムル。デビルはミノスのその変わり果てた姿を見、「愚かな奴だ…せっかくこの世に誕生させてやったものを」とつぶやきます。2~3話前にも反抗期(笑)のミノス君を足蹴にしながら同じセリフを言ったけど、顔つきも声色もそこに込められた思いも、ずいぶん違うな。

サイバーアップし、アノドに一斉攻撃を始めるフェニックスたち。しかし全く歯が立ちません。しかも、デビルのデビルフォースはアノドに吸収されてしまいます。そうこうしている間にも天地球に迫る天聖界。防御の要・アスカの亀甲シールドも破られてしまいました。さらにアノドは巨大化。フェニックスたちは、どうしようもない絶望感に襲われるのでした。

…次回予告から触手プレイ満載はちょっとシゲキテキなんじゃないかしら(大笑)。

拍手[0回]

SBM42話

冒頭のナレーション、「余りのこと(自分がアノド封印の伝説の戦士の1人だったこと)に事実を受け入れられないデビルは…」って、それは多分、ほとんどの視聴者がそうなのではないかと(笑)。

サイバーアップしたアムルは、シルエットがまんまヒミヒミですね。ハピラキの。

2つに合わさった石板から放たれた光から巨大なダイヤの形をした立体空間が作られ、6人はその角にそれぞれ吸い寄せられました。石板の表面に文字が浮かび上がります。「汝のフォースを我に込めよ」と書いてあるらしい。つか、なんでゼウス様がその文字読めるの…?デビルだって読めなかったのに。は!もしかしてデビルのお腹の中で学習したとか!?(胎教?・笑)

石板からは文字が消え、六芳円陣が浮かび上がりました。己のフォースを込める6人。六芳星の角の部分に、それぞれの紋章が刻み込まれます。紋章が刻み込まれる順番は、使命に目覚めた順なんですね(ティキ→フェニ→アスカ→アムル→ゼウス→デビル)。

フェニたちがフォースを注ぎ込んでいる間、復活したリトルミノスがアノドの中から出てきました。ミノスは巨大なエネルギー弾をつくり、天魔界の地中深くに埋め込みます。6人の戦士を、天魔界もろとも吹き飛ばすつもりのようです。お前この前、天聖界を天地球にぶつけて邪魔な天使・お守りたちもろともデビルゼウスを消して、天魔界で改めてアノド復活の儀式を進めるとかって言ってなかったっけ?

崩壊を始める天魔界。地上の岩は砕け地面は割れ、地中からはマグマがあふれ出します。地面の裂け目に落ちたり、マグマに飲み込まれる悪魔兵たち。そうこうしている間にも、天聖界は天地球に近づいていきます。焦る6人。なんとかこのダイヤの形をしたバリアから抜け出し、リトルミノスを止めようとするフェニックスに、ゼウスが言います。「アノドを封印し、この世を崩壊から守るためには、我々は今できる最善のことをするしかない」。…私もう、ツッコむ気力もないわ(笑)。

天魔界崩壊の波は聖樹キングダムをも襲います。聖樹キングダムを飛び立たせようとする制空キング。しかしオーロラ王神は、「フェニックスたちを置いて行くわけにはいかない」と、制空キングを制します。しかしその時、聖樹キングダムのモニター越しにゼウスが、身振り手振りで飛び立つよう指示。超法師ら聖樹キングダムの面々は、ゼウスの指示に従い、天魔界を後にします。

つかゼウス様、お前さん、聖樹キングダムのモニターに映されていること知ってたんかい!?いやそれよりも余所見すんなよ。フォース込めるのに集中しようよ。あと紋章刻み込まれていないの、アナタとデビルだけよ(笑)。

全ての紋章が刻み込まれ、ようやくダイヤのバリアから解放さたフェニックスたち。彼らの目の前に飛び込んできたのは、天地球に間近に迫る天聖界の姿でした。「あそこにはチャオやカラビーや吉報天女たちがいるのに…!(アスカ)」「もし天地球が壊れたら、あそこでアノド復活の扉をふさいでくれているアンドロココたちのセント・フォースだって…!(フェニ)」急いで天地球に戻ろうとするフェニたちを、ゼウスが制します。「もう聖樹キングダムは先に飛び立たせた。それに今我々が天地球に戻っても、できることは何もない」と。天魔界も、刻一刻と崩壊への歩みを早めていきます。

とその時、突然デビルがクレインバスターに向かいました。「自分独りだけ逃げる気なんじゃないか」と疑うフェニたち。少しは信じてやれよ…なんで天使サイドで分かってやれているのがゼウスだけなんだよ(笑)。

クレインバスターは、崩壊する天魔界から脱出しようとする悪魔達で溢れかえっていました。そこにさらに乗り込もうとする悪魔達。デビルはクレインバスターに乗り切れない悪魔達を、デビルタワーに向かうよう命じます。デビルの命に従い、デビルタワーへと急ぐ悪魔達。デビルはエネルギー波を放ち、押し寄せるマグマから悪魔達を守ります。

そこにゼウスも参戦。「なぜ」と問うデビルに、ゼウスは言います。「もう天使・悪魔の問題ではなかろう。お前も私も、こんな結末は望んでいなかった」。そのセリフを聞き、「天使だからとか悪魔だからとか、そんなの関係ないよ」というマーニャの言葉を思い出したアムル。ティキ、アスカ、アムルはゼウスとデビルと一緒に、悪魔兵たちの退路を確保します。遅れて参加するフェニ。とその時、全ての紋章が現れてからうんともすんとも言わなかった石板からまばゆい光が発せられます。

デビルタワーに全ての悪魔が入ったことを確認したデビルは、デビルタワーを飛び立たせます。その時、石板から発せられた光の先にメカタートルが出現。そして遂にミノスのエネルギー弾が天魔界の核を破壊。天魔界は爆発し、宇宙の塵と化してしまいます。間一髪助かり、宇宙空間に浮遊するクレインバスターとデビルタワー。6人はその上空で滞空しているメカタートルの中で目を覚まします。

「あなたは一体何者なのか」というフェニの問いにメカタートルは、自分が遥か昔、源層暦に超聖神の手によって作られ、この世界に送られた船であることを明かします。…そっその源層暦というのはいつの源層暦のことですか!?今それものすっごく重要なんだけど(笑)。

しかし「超聖神がなぜこの船を作り、自分達の元に送ったのか」という問いには答えず、これからフェニックスたちを、アノドの世界に連れて行くことを告げます。「私はそのための船でもあるのだ」と。

「まだ知りたいことがあるんだ!教えてくれ!!」というフェニの問いは無視し、メカタートルはアノドの世界に向かっていきました。

=====
拍手、ありがとうございました~。

拍手[0回]

SBM41話

デビルゼウスに向かって遂に剣を振り下ろしたフェニ。すると、切られたデビルゼウスの身体が光に包まれ、なんとスーパーデビルとスーパーゼウスに分離したのでした。上空に2枚の石板が出現し、デビルとゼウスの手の中に1枚ずつ落ちてゆきます。恐る恐る石板に手を触れるデビル。…お前、石板に触れるのこれが初めてじゃないだろ(笑)。

ゼウスに駆け寄るフェニックスたち。ティキ…何もお前さんまで一緒になって駆け寄んなくても(笑)。

もう一度ゼウスを体内に取り込んでやると、部下の悪魔達をけしかけるデビル。しかしゼウスに気合一線、消し飛ばされてしまいました。じぃさんすげぇ。

どうでもいいんですけどあんたら4人、いつの間にゼウスのガーディアンになった?(笑)ゼウスがデビルと向かい合うとき、それに合わせてさささっとゼウスの前に武器を構えて出てくる姿はどう見ても…取り巻きっつーか何と言うか。

「もはやお前に勝機はない」というゼウス。デビルはアノドに助けを求めます。しかし、そこにリトルミノスが立ちふさがります。「負けそうになったらアノドに助けを求めるとは…。こんなヤツが今まで悪魔のボスだったなんて、反吐が出るよ…」というリトルミノス。

いや、キミは知らないだろうけど、コイツは元々そういうやつだったからね(笑)。

「今すぐ殺してあげる」というリトルミノス。クィーンマジェスティが宙に飛び、無数の刃をデビルめがけて放ちます。が、デビルはその刃を交わすと、近づいてきたマジェスティを捕らえ、背後から襲ってきたブラックナイトの槍に彼女の身体を突き刺し、さらにマジェスティの剣でブラックナイトの身体を貫くと、ブラックナイトの背後にいたリトルミノスの右目に深手を負わせます。泡となり、消えるマジェスティとブラックナイト。

部下を殺され、自らも深手を負わされ怒ったリトルミノスは、自分の指先に力を集中しエネルギー波を撃とうとします。そこに怒ったパパの鉄拳が炸裂。地面に倒れたリトルミノスを踏みつけます。デビル強ぇ。

しかしその時、天地球から放たれた強力なデビルフォースのエネルギー波がデビルを襲います。デビルが倒れると天魔界上空にアノドの姿が出現、その丸い球体の中にボロボロのリトルミノスが吸い込まれます。そしてその中からリトルミノスの絶叫が…。い…一体中でどんな調教もとい折檻何が行われているというの…!(ドキドキわくわく)

暫くして球の中から出てきたリトルミノスは投身がのび、アノド様好みの美少年に変身させられていました。…何が起こった!(爆)

超聖神の洗礼を受けて大人になったミノス君、声がマジになったディアナさまチック(笑)。

終始口あんぐりなデビルさま。開いた口がふさがらない気持ちは分かるけど、あご外れるぞ(笑)。

新たなパワーを授かり、デビルに反撃するリトルミノス。圧倒的な力の差にやられるがままのデビルを救ったのは、なんとスーパーゼウスでした。

デビルを安全な場所に移したゼウス。「なんでこんなヤツを助けるんだ!」と詰め寄るティキ、アスカたちを前に、ゼウスは驚くべき事実を告げます。「私とお前がアノドを封じる5人目・6人目の戦士なのだ」と。

「そんな馬鹿な!」というティキ。多分視聴者も同じ気持ちかと(笑)。

そこへ攻撃を仕掛けてくるリトルミノス。フェニ、ティキ、アスカ、アムルはリトルミノスとの攻防を繰り広げます。この戦闘シーン、かっこよすぎ。

一方、じぃさんたち2人は、若いモン同士の戦闘をよそに、2人の世界を作りまくっていました。っていうか、ゼウスがデビルを口説いていました。

ゼウスの説得に応じたのか、それとも好き放題やっているリトルミノスに業を煮やしたのか、ついにミノスと、そしてアノドと戦うことを決意したデビル。ゼウスに続き、リトルミノスにエネルギー波を食らわせます。ダメージを受け、吹き飛ばされるリトルミノス。しかしリトルミノスは再び、アノドの球体の中に取り込まれていきました。

それを追おうとするデビル。デビルはゼウスに「石板を渡せ!」と迫ります。「やはりお前にも分かるのだな。石板の新たな使い方が」というゼウス。ゼウスのいう「石板の新たな使い方」とは?2人が互いの石板をあわせると、そこから光が立ち上って行ったのでした。

拍手[0回]

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
(はぎちょん改め)暁香月
性別:
女性
自己紹介:
一応旧シリーズからのビックラー。SBM(特に神樹層・笑)と2000が好き。ティキファン。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

メールフォーム

アクセス解析